| main | 日産元会長の逮捕について〜検察当局の狙いは何か(その1)〜 >>
2018.11.21 Wednesday

ニュースの行間を読む

0

    凶悪犯罪や薬物犯罪、有名人が関わった犯罪や交通事件まで、毎日さまざまな事件のニュースが報道されています。

    ニュースでは、犯行の手口や被害の内容、犯人がどんな人物なのかといったことが伝えられ、私たちはどのようなことが起きたのか知ることができます。

     

    その一方で、ニュースでは報じられないことも多くあります。

    犯人に科される刑罰がどれくらいになるのか、裁判になって刑罰が決まるまでどれくらいかかるのか。

    その間犯人や警察官、検察官、弁護人は何をしているのか。

    その犯罪が成立するポイントは何で、どのような点がよく争われるのか。

    どういった証拠を集める必要があるのか。

    こういったことはニュースではあまり報じられません。

     

    皆さんもニュースを見ていて「それってどういうことなの?」という疑問を持ったことはないでしょうか。

    また、ニュースに出てきた言葉の意味がよくわからないまま、聞き流したことはないでしょうか。

     

    刑法や刑事訴訟法を学べば、犯罪や刑事手続に関する知識を得ることができます。

    しかし「司法警察員は、被疑者を逮捕してから48時間以内に検察官に送致しなければならない」と知っていても、

    具体的な情景はなかなか目に浮かびません。

    被疑者を逮捕してから警察官が具体的に何をしているのか、被疑者がどこで何をしているのか、「送致」とはどういうことなのか、なかなかイメージが沸いてこないのではないでしょうか。

     

    私は、現在弁護士として活動していますが、その前は検事として約10年半、数多くの事件を取扱ってきました。

    毎日毎日、窃盗から薬物犯罪、傷害事件、交通事件や知能犯など、あらゆる犯罪の捜査や裁判を担当していました。

    警察官とは頻繁に連絡を取って捜査を進めていきましたし、日々、被疑者や参考人の方々と接していました。

    裁判では弁護人や裁判官ともやりとりをしながら、尋問やその他の主張立証を行っていました。

     

    ですから、事件のニュースを見ると、ニュースキャスターが語らなくても様々なことが推測できるようになりました。

    「きっとこういう証拠があるのだろう」とか、

    「この事件の立証のポイントは○○だろう。立証のハードルは結構高そうだ」、

    「裁判になったらきっと長くかかるだろう」、

    「有罪なら懲役○年くらいだろうし、執行猶予はつかないだろう」、

    「この手の犯罪は意外と刑が軽い」というようなことが、見通せるようになりました。

    いわば、「ニュースの行間」が読めるようになってきたのです。

     

    このブログでは、報じられた事件のニュースを取り上げ、報じられなかった「ニュースの行間」を解説します。

    「それってどういうことなの?」という疑問に答えていきたいと思います。

    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Blog Ranking
    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM